頼れる4番!阪神・大山が勝ち越しの適時二塁打 2死から価値ある一打

とらほー速報
2
 「DeNA-阪神」(24日、横浜スタジアム)

 阪神が七回、4番・大山の適時二塁打で勝ち越しに成功した。

 この回、先頭の近本が右翼線を破る三塁打でチャンスメークした。だが、続く上本が三振、糸井も三邪飛に倒れた。2死三塁。流れを失ったかに見えたが、4番の一振りが空気を一変させた。

 初球、内寄り低めの140キロを狙った。フェアかファウルか、フルスイングした打球は、切れずに三塁線の右で弾む。近本が勝ち越しのホームを踏んだ。大山は今季、今永に対して試合前の時点で10打数5安打、2本塁打と好相性を誇る。この日も4回に左前打でマルチ安打。13打数7、打率・538のキラーが、今永をKOした。

 5戦連続安打と打撃は好調だが、大山の適時打は15日の巨人戦(東京ドーム)以来7試合ぶり。チームは今季、DeNA相手に7勝2敗と、好相性を誇る。4連勝に向けて、3連勝中の横浜でリードを奪った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000141-dal-base



【一軍】公式戦【阪神3-2DeNA】 7回表 ガッツポーズの大山!!これぞ4番や!! 投手:今永 打者:大山 結果:レフト線タイムリーツーベースヒット!  http://hanshintigers.jp/  #hanshin #tigers #阪神タイガース #ぶち破れオレがヤル #悠輔がヤル



@hanshintigersjp 春の大山。



@hanshintigersjp やっぱりヨコハマキラーだった


続きを読む
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus