大船渡・佐々木が延長12回勝利 夏の公式戦史上最速タイの160キロで21三振 みずからの劇的2ランで決着

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
転載元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563691918/

20190721-00000205-sph-000-2-view

◆第101回全国高校野球選手権岩手大会 ▽4回戦 大船渡4―2盛岡四=延長12回=(21日・岩手県営)

 大船渡の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)が勝利の涙だ。延長12回の死闘を制して校歌を歌うと、思わず感極まった。

  投打のスーパーヒーローだった。

 2―0の8回2死、3番打者への3球目で球速160キロを計測。花巻東・大谷(現エンゼルス)と並んで夏の高校野球の史上最速となった。

 9回に四球と連続長短打で2点を失い、同点にされた。だが、延長12回、4番打者として、逆方向の右越え勝ち越し2ランを放った。

 快速球にフォークなどを交え、驚異的な奪三振ショーを演じた。7回2死から4者連続三振を奪うなど、9回までに14奪三振。延長10回2死からも4者連続三振。勝ち越した裏の12回は圧巻の3者連続三振でゲームセット。21Kで激闘を制した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000205-sph-base

7: 風吹けば名無し 2019/07/21(日) 15:53:01.65 ID:3qO1NrqorVOTE
21個目の三振で終了

続きを読む
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus