【速報】DeNAがメジャー33発男タイラー・オースティンを獲得

De速
1: 風吹けば名無し 2019/11/15(金) 02:00:29.22 ID:dZjdPiPm0


 DeNAがメジャー通算33発のタイラー・オースティン内野手(28=ブルワーズ3AからFA)を獲得することが14日、分かった。既に基本合意に達しており、近日中にも球団から発表される。オースティンは、右打ちの大砲候補。メジャー初打席で本塁打を放った“持っている男”が、ハマの一員となる。

  DeNAが、かつての“メガプロスペクト”の獲得に成功した。10年ドラフトでヤンキースから13巡目で指名されたオースティン。12年のマイナーでは打率3割2分2厘、出塁率4割、長打率5割5分9厘、17本塁打、80打点をマークした。同年にヤ軍キャッシュマンGMから若手有望株を意味する「プロスペクト」を超える「メガプロスペクト」と称された名門育ちの逸材だ。

 オースティンは、16年にヤンキースでメジャーデビューを果たすと、初打席でいきなり初本塁打。さらに今やヤンキースの主砲となったジャッジも次打者で初本塁打をマークした。メジャーデビューの2人が、2打席連続初本塁打は、大リーグ史上で初の出来事だった。このデビュー弾だけでなく、2号はバースデーアーチ、3号はサヨナラ弾。節目で無類の強さを発揮する、持っている男でもある。

 メジャーでは計4球団に所属し、通算209試合、打率2割1分9厘、33本塁打、91打点。一塁が本職だが右翼、左翼の守備もこなした経験を持つ。チームには2年連続セ・リーグ本塁打王に輝いたソトが、来季も健在。6年連続で20発以上のロペスも、残留が濃厚な状況だ。ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す筒香が抜けた場合にも、オースティン、ソト、ロペスの強力な右打者3枚看板で、クリーンアップを組むことも可能となる。

 球団70周年の今季は、球団初のCS本拠地開催で大盛り上がりを見せたが、悲願のVには届かなかった。来シーズンに向けて、既にチームは始動している。来季5年目のラミレス政権の下、98年以来22年ぶりの優勝を目指すチームに、ヤンキース育ちの大砲が加わる。


続きを読む
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus